パソナには登録するな!デメリットの多い職種を調べてみた!

記事更新日: 2020/09/26

ライター: みやりーん

色々な「派遣求人サイト」の特徴やメリット・デメリットなどを、徹底検証していく記事です。

今回は、淡路島移転で話題の「パソナ」の、こんな方には登録してもデメリットが多い理由を紹介します!

よりより転職の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
みやりーん

はじめまして! 現在、中途・派遣それぞれの転職領域にて就業中。渉外・マーケ・制作と戦うWEBディレクター!
アルバイト・派遣、契約社員、正社員の雇用形態を経験。採用側、サイト運営側、利用者側それぞれの経験から、人材業界の採用やサイトの仕組みの裏側などを話しちゃいます!

この記事でわかること
  • 「パソナ」の特徴
  • 業種や職種によっては、登録してもデメリットが多い!
  • 「パソナ」のメリット・デメリット

 

結論
  • コロナ禍の今、パソナ派遣の多数を占めていた「コールセンター・接客業・営業系」の職種希望なら、登録はやめた方がよい!

 

派遣の「パソナ」ってどんな会社?

サイトのタイプは?

(その派遣会社が取り扱うお仕事だけの)派遣会社直営型

 

基本情報

「パソナ」は株式会社パソナグループが運営する派遣求人サイトのひとつ!最近では本社機能の一部を「淡路島に移転する」発表がされたり、会社で動物を飼育していたり等、今、話題の企業です。

特徴としては「派遣」をメインとする「人材斡旋」だけでなく、グループで幅広い多角経営をしているところ。「教育」や「地方創生ソリューション」「グローバルソーシング(海外人材サービス)」「コンサルティング」なども行っています。

運営会社    株式会社パソナ

住所      東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 

代表取締役   代表取締役会長CEO 南部 靖之 / 代表取締役社長COO 中尾 慎太郎

創立      1976年2月16日 (株式会社パソナとしては、設立1988年)

資本金     1億円 

許可認可番号  人材派遣業 派 13-304674 / 人材紹介業 13-ユ-010444

上場      東京証券取引所 市場第一部

※2020年9月調べ

※許可認可番号は、人材紹介事業を運営している場合のみあります(ポータルサイトの必須ではありません)

 

他には・・
  • 社内で、動物を飼育している
  • 今の本社ビルの契約は2022年2月頃まで賃貸契約がある(そのあとは再開発のため転居必須)
  • 2008年に淡路島へ進出し、人気キャラクターのコラボレストランや、美術館、体験型アニメパーク等を作り、投資、運営している。
  • 移転後は、関連施設の一部をオフィスとして活用予定

 

「パソナ」派遣の登録してもデメリットが多い点

コールセンター・接客業・営業系 の職種が「今」少ない

元々この3分野のお仕事の数は多く、むしろオススメでした。が、現在、コロナ禍の影響を受け、紹介できる数が激減しています。

今後景気が戻ってくれば、大丈夫かと思いますが、あと数年は厳しい状況です。

みやりーん

コロナなど経済が悪化し、人件費を削減する場合、どうしても「アルバイト」「パート」「派遣」・・・と影響を受けますが、雇用形態というよりは、働いている企業の「業種・職種」が何かによります。

つまり・・・
コロナ禍の今は、

今この業界や職種を希望している人にとっては、パソナは紹介できる仕事の数自体が少なく、登録しても希望する条件のものが、以前よりも見つからない状況がでてきてています!

登録してもデメリットの方が大きいのです!

 

時給が高いのは少ない

一部高い、「英文事務や医療系」などありますが、パソナがもつお仕事紹介の数としては少なく目立ちません。

 

 

「パソナ」派遣のいいところ

再就業率が業界トップクラス?

引用元:パソナ公式サイト

 

こんな口コミがサイト内でも主張してますね。

生きている中で、結婚やキャリアアップなど、ライフスタイルの変化がありますね。その時に合わせて様々なサポートや日々の仕事以外の相談、数年先のキャリア構成を考えた派遣先選びなどを支援してるのも特徴のひとつ。

その結果、女性であれば、出産の後にまた同じ場所で働く(※1)など、手厚いサポートを行っています。子育てや介護と両立して、派遣で働く方も近年増えています。

※1:その時の受け入れ先の状況による

 

みやりーん

確かに、パソナの派遣企業としての評価・口コミはよいのですが、これはコロナ禍前の評判であることも注意!

だからといって、大きくサポートが変わるわけではないのですが、派遣の紹介数が減っている中、再雇用も難しくなってい来ているのも事実です。

要注意!

 

一部の職種は時給が高め

特にしっかり高いのは、医療系・英文事務・金融系・語学系など、ある程度スキルを持ってることが必須の職種になります。

「医療系・英文事務・金融系・語学系」は、昔からパソナが強いジャンルで、大手企業での就業や、時給の高さだけでなく、業界トップクラスのお仕事数がありますよ。

 

無料で受けられる口座があるが・・

派遣会社の登録でもある無料講座。
パソナは、未経験用のビジネスマナーから、経理、貿易事務、英語、マネジメント等、口座が充実しています。

特に多いのは、コールセンター・販売・営業系、お仕事の紹介数を多く持っていただけに、講座も多くあります。

実際にパソナを通じて就業していなくても、登録しているだけで、受けれる講座も多数あります。

みやりーん

登録しているだけでも無料講座が受けれるメリットはあるので、利用目的によりメリットなのですが、コールセンター・販売・営業系を希望しているのであれば、登録してもメリットはありません。

 

福利厚生が充実

グループ会社として、全国に視点もあり、多数の施設と契約しています。

社会保険や有給休暇だけでなく、「ベネフィット・ステーション※2」で、エンタメ、レジャー、グルメ、育児、介護など約100万件の多彩なメニューがあります。

遊びだけでなく、「育児」「介護」などの特典を受けれるのもパソナの魅力のひとつ。

※2 パソナの福利厚生システムの名称 約774万人が登録中(2016年時点)

 

海外で働く・外資系企業の仕事が多い

派遣会社として「海外で働く」お仕事の紹介ができるのは、珍しいのではないでしょうか?

パソナ自体が、海外にも拠点を置き、人材紹介(人材斡旋業)を行っている為できるサービスです。海外に拠点を置く日本企業であったり、外資系企業の日本支店で働くお仕事などが多いのもパソナの特徴です。

みやりーん

「海外で、海外の外資系企業で働くお仕事紹介」もいくつかあるようです!とはいえ、コロナ禍の今、人件費を削減しているのもグローバルに行われている現状です。

 

登録だけならよい?

登録した場合、各種、カウンセリングや、無料講座ですが、これ、パソナを通じで働いていなくて受講できるものもあります。

もちろん、未経験者であれば、登録だけして、無料講座を受けながら、チャンスをまつのもよいかもしれません。

ただ、上記で伝えたように、繋がりが高く、多くの案件を持っていたのが「コールセンター・営業・販売系」のため、この3つの業種に関した無料講座が多いのも特徴です。これらのお仕事の数が減っているため、平行して開催される回数も減っています。

他の職種をはじめから希望しないのであれば、今は、パソナに登録してもほとんどメリットがありません!

 

まとめ

まとめます。

 

「パソナ」派遣の特徴
  • 再雇用率がトップクラス
  • 登録だけで無料講座が受けれる
  • 福利厚生が充実
  • 医療系・英文事務・金融系・語学系の時給がよい
  • 海外で働きたい・外資系企業で働きたいお仕事が多い

この内容にメリットを感じる方には、登録してもよいのですが、

 

「パソナ」派遣のデメリット
  • コールセンター・接客業・営業系 の職種が今少ない
  • 時給がとても高いのは一部の職種

コロナ禍の今、この業種を希望しているのであれば、パソナでのお仕事紹介も少なく、今は、登録してもデメリットが多い状況です。

 

登録してもデメリットの多いサイトって?
  • 自分の希望する職種のお仕事が少ない
  • 登録だけで受けれる特典に、そこまで魅力を感じない

 

みやりーん

派遣会社のお仕事紹介には、かならず得意分野などの「特徴」があります。

複数の派遣会社の情報を扱うポータルサイト型でない場合は、「自分の希望する職種のお仕事がどのくらいあるか」を調べるのが大事!

登録してもメリットが多いかデメリットが多いかの線引きのひとつになります!

 

よりよい選択の参考になれば幸いです。

 

この記事を書いたライター

みやりーん

こんにちは。「みやりーん」と申します!

普段は、正社員・派遣を中心とした転職採用領域で就業中。転職求人サイトの仕組みや裏から見たワンポイント等をお伝えします。副業として掛け持ちが出来る仕事などご紹介しますね!

この記事に関連するラベル

ページトップへ